★イビサクリームが無料で貰えるチャンス!★
お得な美容情報が満載! 今すぐお友達登録してみてくださいね^^


イビサクリームは安全なの?

 

 

イビサクリームは、デリケートゾーンを始め黒ずみが気になる箇所に使用できます。

 

しかし、デリケートな部分に塗るものなので、副作用や安全性などの心配はないのかは気になるところです。

 

そこで今回は、イビサクリームの安全性をテーマにお届けします。アトピーなど肌状態が敏感な人でも、イビサクリームを使えるのかどうかもご紹介します。

 

イビサクリームは、国内工場で徹底的に品質管理をされた環境下で製造されています。

 

その後1つ1つを丁寧にチェックして不備がないかを確認したのちに出荷してるので、安全性が保証されています。

 

ただし、公式サイト経由ではなくオークションやフリマアプリなどを通して購入した場合、個人間のやり取りの場合は保管状況が確認できず安全性が保証できなくなるので注意しましょう。

 

また、成分を見てみると合成・香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペンの使用をしていないことが分かります。

 

赤ちゃんでも安心して使うことができるそうです。

 

イビサクリームで副作用の心配は?

敏感肌の人や赤ちゃんでも使用できるぐらい成分にこだわりがあるイビサクリームですが、中には肌に合わないという人もいます。

 

使用してみて赤みや腫れ、炎症などの症状が出た場合は速やかに使用を中止しましょう。

 

28日の返金保障制度があるので肌に合わないという場合は返金してもらえます。

 

肌に合うか合わないかは、事前にパッチテストをしてみることをオススメします。

 

二の腕に、イビサクリームを塗り様子を見てみて変化が出た場合、体質に合っていない可能性があります。

 

イビサクリームはアトピーでも使えるの?

アトピーで肌を掻きむしってしまうと、その部位が色素沈着を起こすということがあります。

 

イビサクリームは、アトピーの治療を終えた後に残ってしまう黒ずみに効果があると言われています。

 

肌に潤いを与える効果もあるので、肌状態を改善してくれる効果があります。

 

ただし、治療中のジュクジュクしているアトピーの改善には効果がないので注意しましょう。

 

まとめ

イビサクリームは、無添加にこだわった成分を使っていて国内の製造工場で安全に作られています。

 

敏感肌の人や赤ちゃんでも使用できるほど肌への優しさを重視しています。

 

しかし、人によっては副作用が出る可能性があるのでパッチテストなどで事前にチェックしておくことをオススメします。

 

デリケートゾーン以外にも、アトピーによる黒ずみにも効果が期待できます。

 

症状が落ち着き、治療が済んだ後に黒ずみケアを行うと肌を綺麗に保つことができるのでぜひ使ってみてください。

 

イビサクリーム 妊娠中・授乳中でも使える?高校生でも大丈夫?

 

妊娠中や授乳中に、デリケートゾーンの黒ずみや乳首の色がくすんできていることに気づくという人は多いようです。

 

お母さんになっても、女性として綺麗でいたいという気持ちは大事なことだと思います。

 

そこで今回は、妊娠中や授乳中でもイビサクリームを使っていいのかというテーマでお届けします。

 

妊娠中・授乳中に黒ずみやシミが悪化する理由とは?

妊娠中や授乳中に、デリケートゾーンや乳首の色が黒ずんでしまうのは女性ホルモンのバランスが変化しているからです。

 

女性ホルモンの分泌量が増えると、メラニンを生成する細胞も刺激され黒ずみの原因となるメラニンが多く生成されるようになります。

 

メラニンが生成されたとしても、肌のターンオーバーが正常に働いていれば黒ずみにはなりません。

 

ところが、妊娠や授乳で肌のターンオーバーの周期が乱れると色素が沈着しやすくなってしまいます。

 

妊娠や授乳の時期に顔にシミが増えるというのも同じ理由です。顔のシミの場合は、そこに紫外線が当たるのでダメージが起こりシミが定着しやすくなってしまいます。

 

イビサクリームは妊娠中・授乳中でも使える?

イビサクリームは、黒ずみやシミに効果があり顔もボディもまとめてケアが出来るアイテムです。

 

ところが、妊娠中や授乳中の人は「専門医にご相談の上、使用を検討してください」と公式サイトには書いてあるんです。

 

ということは、使用をあまりオススメしてはいないと私は解釈しました。

 

イビサクリームの成分は無添加で安全性には問題がない成分ばかりです。

 

しかし、妊娠中や授乳中は体がデリケートな状態であることと、赤ちゃんに万が一のことがあったら大変なので出産と授乳が終わった後に使用した方がいいかもしれませんね。

 

出産後というのは、ホルモンバランスもまた変わってくるので「黒ずみが治ってくる」という声もあったのでしばらく様子を見てみて黒ずみが気になる場合は、イビサクリームを使ってみるといいでしょう。

 

イビサクリームは高校生でも使える?

 

脇・乳首・デリケートゾーンの黒ずみなど、高校生でも気になるという人はいるでしょう。

 

しかし、イビサクリームは大人の女性が使っているイメージなので「私でも使えるのかな?」と不安に感じている高校生もいるはずです。

 

そこで今回は、イビサクリームは高校生でも使えるのかを解説します。

 

イビサクリームは、赤ちゃんでも使えるぐらい安心・安全な成分を使っています。

 

だから黒ずみが気になるなら、高校生も使うことができます。ただし、注意しなければならないのは副作用やアレルギーです。

 

万が一、赤みや腫れなどの炎症が出た場合は無理に使用を続けないようにしましょう。

 

また、使用の際はイビサクリームを粘膜部分に付けないように注意し、生理中など肌が敏感な時期には使わないようにするということを意識してみてください。

 

高校生は自転車通学やスポーツ・紫外線などの影響で、黒ずみの原因であるメラニンが発生しやすい環境にあると言えます。

 

デリケートゾーンが下着などで擦れると黒ずみが悪化するので、クリームを塗ることと日常生活の両方を意識してみてください。

 

イビサクリームの注文は高校生でも問題ない?

イビサクリームは、クレジットカード払いとコンビニ払いから選べます。

 

コンビニ払いは後払いの制度で、商品と一緒に同封される用紙を決められた日までにコンビニに持って行き料金を支払います。

 

家に届く時にも、中身が分からないような包装なので家族にも中身がバレる心配はありません。

 

高校生は注意しよう!通常購入と定期購入の違い

イビサクリームの公式サイトを見てもらうと、通常価格と定期購入という2種類のコースがあることに気づきます。

 

通常価格は「価格が高くても、1本だけ購入して試してみたい」という人向けの買い方です。

 

一方、定期購入というのは「毎月同じ商品が手元に届く分、価格の割引がある」というコースです。

 

イビサクリームの定期購入には、継続の条件があり2回以上は受け取りの義務があります。

 

だから「価格が安いから定期購入にしよう」という安易な気持ちでなく、しっかり検討していくことが大事です。

 

ただし、続けることで効果がある商品なのでご自身で納得している場合は定期購入で続けるのをオススメします。

 

通常価格:

7,560円(税込)+送料360円+手数料150円=7,746円(税込)

 

定期購入:

送料無料

初回 2回目 5,368円(税込)3回目以降 10%OFF

継続条件 2回以上

*クレジットカードなどが無い場合は、【コンビニ後払い】も可能です!

 

まとめ

妊娠や授乳の時期に、デリケートゾーンや乳首の色が黒ずんでくるというのは女性ホルモンの影響だということが分かりました。

 

この時期にイビサクリームを使っていいのかというと「妊娠中や授乳中は専門医にご相談の上、使用を検討してください」と書いてあるので、赤ちゃんを産んだ後に卒乳が済んでからイビサクリームを使用した方が安心ではないかなと考えます。

 

理由としては、女性の体がデリケートな時期であることと赤ちゃんへの影響を考えたからです。出産後に色が戻るという人もいるので、しばらく様子を見てみて黒ずみが気になる場合は使ってみることをオススメします。

 

イビサクリームは、高校生でも安心して使うことができます。

 

商品の支払いは、クレジットカード払いが年齢上出来ないのでコンビニ後払いになります。

 

コンビニ後払いは、商品と同封されている用紙をコンビニのレジに持って行き料金を支払うだけなので簡単に出来ます。

 

使用する際の注意点を守り、通常購入と定期購入の違いをしっかりと理解した上で注文すればトラブルもなく高校生でも大丈夫です。



>>イビサクリーム公式サイトはこちら

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

★イビサクリームが無料で貰えるチャンス!★
お得な美容情報が満載! 今すぐお友達登録してみてくださいね^^